toimichi’s diary

思考の整理、のち、趣味

長電話をしなくなったのは年のせいか、時代のせいか

ここ最近長電話というのを頻繁にしなくなった。

中学生の頃は家に帰ると速攻友達と通話していたのに。

 

中学生の頃は、家に帰るなりSkypeを立ち上げ、1時間前にバイバイした友達と永遠と通話とチャットをしていたものだ。しかも同時に。

もう人世代上の人に例えるなら、家の電話で長電話をつらつらしている、そう言ったイメージであろう。

あの頃一体何をそんなに話すことがあったのかすら思い出せないが、とにかく楽しくて永遠に話していたのだったと思う。

 

ここ数年ではコロナで会えないから電話しよう、というパターンを除けば長電話なるものを滅多にしなくなってしまった。

おそらく年のせい。もしくは時代のせいである。

 

年のせい。

そうきっと年のせいだ。社会人になって話題にしたいような噂話もなければ日々同じような生活を送っているせいで友人に話すようなトッピな話題もないからだ。

そして"話すようなトッピな話題"ハードルが年々上がっていくからこそ余計に話すような内容がなくなってしまう。だから早々に切り上げてしまうのだ。

いや、もっともわざわざ電話をかけようとしないのだ。

 

時代のせい。

そうきっと時代のせいだ。便利な時代になったものでTwitterInstagramのStory機能など、リアルタイムで起きたことを友人にシェアすることができる。

そうやって事細かに自分のことを発信してしまうせいで長電話につながるような話題に発展する前に、みんながそのことを知ってしまう。

もしくはその話題に反応してアプリ上でリプライ、リアクションしてくれるかもしれない。それに対してこっちも返す。向こうも返す。数回のやりとりを経て話題終了。

今まで長電話に費やしていたものがアプリ上で簡潔に済むようになったのだから、それでいいじゃないか。とまぁそんな具合だ。

 

長電話が悪いことだともいいことだともわからないが、

周りの環境も自分自身も変わってしまったことで、中学生の頃のように長電話に熱中することは無くなってしまった。あんなに長時間(おそらく実りのない)話をしていたのだから時間の無駄、とも思えるが、その時しかそんなに熱中することができなかったのだから、

あぁ、あの時時間を精一杯費やしておいてよかった、と、ふと思う。

 

もし今自分が、お子さんが、何か非生産的なことに時間をたくさん費やしていたとしても、

本人が夢中になっていたとしたら、それはその瞬間しか生まれない大切な思い出になるのだから、存分に楽しませてあげてほしい。

ビジネスにいつのまにか巻き込まれてたのね

 

私自身、友人に騙されていると感じていないので、悪いようには思わないが、

本日大学時代からの親友と話していて、

つまりあれってこう言うことだったんだ、と解明できたのでそのお話。

 

 

最近個人事業主として成功を収めている人をよく紹介してくれる友人がいる。

紹介と言っても、最近仕事に悩んでいるようだから良ければ知り合いの〇〇さんと話してみる?同じような境遇だから参考になるかもよ。

と言った経緯があるので怪しい紹介ではない。

至って健全に人を紹介してもらい、数10分お話ししたりしていた。と思っている。

 

また、頻繁に飲み会やドッヂボールの集まりなどなどにも呼んでもらっていた。もちろんそのメンバーに他の知り合いなどはいない。

このコロナ騒ぎで会社でのイベント事の開催がなかったため、人と話したり運動したりといい機会だったと思う。

たまに、彼の知り合いの人が開催するライブへも声をかけてもらっていたが、タイミングが合わず、行ったことはない。

 

 

彼とはマッチングアプリを通して知り合った。もちろん私はパートナー探しの目的で使っていたのだが、数回会っても恋愛に発展しなさそうだったので、友人と認定したわけだ。

 

数回2人で会ったとしても、恋愛の話はしない、彼の知り合いの人が開催するイベントごとには呼んでもらい、もちろんお金は払う。(何に参加するにしても場所代や参加費を払うのは当然だと思う)

ここまでは別におかしな流れでも無いと思う。

ただ、彼は、個人事業主ビジネスで成功している師匠について、自分も成功しようと奮闘している。

そのビジネスの詳細は聞いても具体的に教えてくれず、抽象的な答えしか返ってこないので、よくわからなかったが、どうもコミュニティを広げるところから始まるらしい。

確かに何かをやる時、全てを1人で始めるのは難しいし、一般的にイメージする企業などは取引先やら一緒に立ち上げするメンバーやら色んな人との関わりが不可欠である。

しかし彼が話すコミュニティとは何のことかやっぱりまだわからない。

ところが、何点かおかしなところがある。

彼が呼んでくれたイベントで知り合った女の子数名もマッチングアプリ経由で知り合ったと言う。そして私と同じく恋愛には発展せずイベントに呼んでもらう仲になったという‥。

あれ?これってもしかして‥?

 

 

私自身その友人と話すのは楽しかったし、他のイベントごとに呼んでもらえるのも有り難かったので、全然悪い気はしていないが

これら一連が全て一種のビジネスの流れなんだなと気づいてしまい、少し悲しくなった。

良くも悪くもプライベートとビジネスの混在。

 

プライベートと思って接している側と

ビジネスと思って接している側がいるけれど、

プライベートと思っている側はなかなか構図に気づけない。

 

企業と企業の関係ならまた全然違うのにね。

 

海外旅行に行けなくなるのかな

遺伝子組み換えワクチン接種を受けていないと国外移動ができなくなったとしたら...

 

最近のコロナ騒ぎでいよいよ怖くなってきたがワクチン接種。

こちらワクチンといえども従来のワクチンとは質が違って、自分の体の免疫システムを強化するものではなく、むしろ本来自然に持っている免疫システムをダメにしてしまうような働き方をすると言われている。

詳しいリソースは海外の動画を見て知ったので、そちらの翻訳とかも周りの人のためにしてあげたいなぁと思ったり。。

 

そんなわけはない、デマに決まってるからワクチンは打つべきだ。

そういう人もいるだろうし、テレビの煽りや洗脳を受けていたら大抵の人がそう考えているのだろうな、という気はする。

実際私も大学で生物専攻だったので、詳しい話を聞いてやっと、真実に気づけた身だったけど、何も知らなかったら、その場の雰囲気とか当たり前みたいな大きな流れにのまれてしまうんだろうな、と思います。

 

ワクチン接種は強制ではないんだろうけど、

そのうちワクチン接種していないと国外移動不可、みたいなルールが作られたら海外旅行もおちおち行けないのか、と思うと悲しいなぁ。

私は危険がありそうと思いながらそんなものを体内に入れたくはないので、おそらく接種はしないから。。

 

 

信頼度100%!走馬灯婚活のススメ

今すぐ結婚したいけど、生い立ちもわからない見ず知らずの人はいやぁ!

そんなあなたにおすすめなのが走馬灯婚活です。

 

仕組みは至ってシンプルです。

こちらのVR機器を装着し、臨死体験を行ってもらいます。

その際脳内に流れる走馬灯をプロフィール欄に載せることになるので

その人の人生印象的だったことTOP10が丸裸になってしまうというわけです。

嬉しかった体験はもちろんですが、中にはやましい体験も公開されてしまうかも知れませんね、、

 

リスクはお互い様ですが、これなら嘘をつかれることもなく、信頼度は100%、その人の人生の要約をみれるのだから相手選びに時間はかかりません。

走馬灯をみてうまくマッチングすればその後は実際にお会いしてみてお互いの波長を確かめてみましょう。

 

この出会いはきっと真の走馬灯に反映されることでしょう。

弊社のサービスを通してうまく行くことを心より願っております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんて、お風呂の中でふと思いついた、お話でした♪

 

ねぇ、今、なんで笑ったの?

ねぇ、今、なんで笑ったの?

 

って聞くのは野暮でしょうか。

 

本日あたしンちのアニメを見ていた時のこと。

弟ゆずひこが読書中に笑った際に、主人公みかんが

「ねぇ、今、なんで笑ったの?」としつこく尋問するシーンがあった。

そして後日、友人にそんなことをしつこく聞くのは読書の邪魔にもなるし野暮だと批判される。

 

私はそのシーンを見て、ハッとした。

まさしく自分だ...!と。

 

家族や仲良い友人が気楽のリアクションを取った時、無性にその理由が聞きたくてならない。

(怒哀のリアクションの場合は流石に身構えるので簡単には聞き出せない)

いや、気楽のリアクションではなく、その行動を取った理由、根拠が無性に知りたくなってしまうのだ。

なんで笑ったのか、どこが面白かったのか。何をするのか、誰と行くのか。

別に知らなくたって困らない内容だし、プライベートな内容であれば聞かないべきなんだろうなーとも思うのだがなぜか気になってしまう。

 

こういうのって何的欲求に当てはまるのだろうか。

もしかしたら私はあなたのことを理解しています。というような支配欲だったりして、、と考えると少し怖くなる。

もしくはその理由を知ることで相手と同じグループに属している気分になれる、

つまるところ、帰属欲求だろうか。

 

関心の範囲内、もっと言うと自分の好きな人に対してしか聞かないけれど、

「ねぇ、今、なんで笑ったの?」

私はどうしても聞いてしまう。

 

だから、野暮だって言われないように、聞くタイミングを見計らおう。

つい他人の生活を撮ったYouTubeを観てしまう自分の分析から学ぶ

 最近日常系YouTubeを見ることについつい時間を費やしてしまう。

 

YouTubeなどのSNSを見続けてしまう理由は受動的に永遠に快楽物質を得ることができることだからだと言う。いや、むしろ、面白い動画に出会わなかったとしても、次に更新した画面で面白い動画や情報が得られないかな、という期待によりドーパミンが放出されるのでついついフィードを更新してしまうと言ったわけだ。

 

と、YouTubeを見てしまう理由は把握しているのだが、

それでもついつい見てしまうのが日常食事系動画だ。

アラサーOLの日常、一週間の食生活やら大食い企画動画をついつい観てしまう。

これは私が食に興味があり、20代OLであるため、いわばターゲット層に当てはまっていることは言うまでもないのだが、そもそもなぜ他人の(食)生活を見たくなるのだろう。

 

理想とする生活を擬似体験できるからだろうか。

1人だからついつい綺麗にお皿に盛り付けることを面倒くさがり、時にはキッチンで作りながら食べてしまうこともある。

一方動画では仕事終わりの疲れた体でも、自炊をして綺麗に盛り付け食べ切る、という単純そうだが、一人暮らしにはハードルが高い生活を送っている様子を見ることができる。あるいは疑似体験できることに価値を見出しているのかもしれない。

また動画内、あるいはアフレコや字幕などでその人の心情を受動的に見聞きすることができる。これも動画を見聞きするだけで情報を受け取ることができる、ある意味快楽物質の流出源となっているのかもしれない。

 

この分析から考えられることは視聴者と配信者とで観点を分けて2つある。

1,動画断ちをしたいなら、動画を真似した生活を送ること。

2,配信側に立ちたいのなら、人が羨むような光景を写し、動画内で話す・アフレコ・字幕をつけること。

 

1,動画断ちをしたいなら、動画を真似した生活を送ること。

今回自分の動画視聴傾向を分析すると、よく見ている動画は実践可能なもので、わざわざ擬似体験に時間を要するものではない。だらだらと見てしまうことが時間の無駄であるならば、実体験すれば良い。

 

2,配信側に立ちたいのなら、人が羨むような光景を写し、動画内で話す・アフレコ・字幕をつけること。

 もちろん雑で飾らない動画が売りのYouTubeチャンネルもあるが、

擬似体験でドーパミンが放出されるような動画を目指すのであれば人が羨むような丁寧な食生活や大人買いの大食い動画の方がターゲット層としては広く考えられる。

またアフレコや音声をつけることによってラジオ感覚で視聴してもらえるかもしれない。

収益化を見込んだ配信という観点で考えると、アフレコ、キャプション付けなど工夫次第でコストパフォーマンスの振れ幅は大きそうだ。

 

 

キンキーブーツは是非みて欲しい。

中学からの友達に誘われてブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の映画を見てきた。(舞台ショーを映画としてみてきた)

 

見る前は(内容を理解していなかったので)、ゲイの人がブーツで踊る話なんだろな、程度にしか考えていなかったのだが、見終わった後の爽快感と自己受容感の高まりが大きく感動した。ミュージカル好きではなくても3000払ってみる価値は大いにあったと感じたので、是非みてもらいたい。特に現状何かモヤモヤを抱えている方に。

 

f:id:toimichi:20210411090831j:plain

 あらすじ

簡単なあらすじだけを載せるとこんな感じだ。

あらすじ以降は私の感想を載せるために詳細を記載してしまうかもしれないのでネタバレを防ぎたい方はご覧にならない方が良いかもしれない。

 

元々稼業の靴屋を継ぐ気がなかったチャーリーとドラァグクイーンのローラがロンドンの一角で出会う。一方チャーリーのお父さんが亡くなってしまい、チャーリーは工場のみんなのために仕方なく靴屋を継ぐ。靴が売れなくて廃業しかかっていた状況をなんとかすべく靴のニッチな市場として「男性(ドラァグクイーン)が履いても壊れない丈夫なブーツ」を作ろうと決心し、靴工場を救う。

 

ミュージカルなので当たり前だが、ストーリーは会話と歌とダンスを経て進む。90年代を感じるような曲もあればアップテンポ、スローで寂しげな曲もあり、全く飽きることがなかった。

その中でも特に響いたのが、チャーリーの人生の進め方の葛藤を歌ったものや、ドラァグクイーンとして生きるローラの自己受容感を高めてくれるような歌だ。

 

チャーリーの人生の進め方の歌 Take What You Got

チャーリーは代々の稼業として靴屋工場があったのだが、継ぐ意思はなかったようで、地元を離れ、靴屋以外の仕事に就こうとしていた。

親には稼業を継げと言われるが、恋人がロンドンに引越したいというので特に何をやりたいというわけでもないが、恋人の意見を尊重し(靴屋から逃れられるし)引越に応じる。

結局お父さんが亡くなってしまったので、社長にならざるを得ない状況になったのだが、チャーリーは自分の生き方を定めるのに迷う。

 

稼業として何かがあるわけではない私は正直稼業があるチャーリーの状況が羨ましくもあったが、本人にとっては重荷であったわけである。ただ、自分の意思を尊重した決断ではない生き方を進めてしまったせいで、どのように生きるかを決めかねていたチャーリーの葛藤の歌、そして人生に完全に満足ではなくても今ある状況を受容することも大事だよというチャーリーの友人の歌Take What You Gotはすごく心に刺さった。

 

基本的に現状というものは、運や外的要因も多々あるかもしれないが、基本的に自分の決断の延長線上で引き起こされたものである。と思っている。

ただ、その決断は常に自分の心底の欲望から下されたものではないとも思う。

チャーリーの場合は恋人がロンドンに住みたいというからロンドンに引っ越し、親が亡くなって仕方なく工場を継いだ。

そこにはNOという選択肢もあったはずだが、恋人や工場で働くみんなのことを思って、(もしくはNOという選択をとった際に進む道が見えていなくて)YESの道に進むしかなかった。

劇の中ではチャーリーは工場を救うためにブーツを作ろうと真剣になり、最終的には苦難を乗り越え、最終的には成功することができる。

 

私はどうだろうか。

今何かに真剣になれているだろうか。

答えはNOである。特に、今の仕事がやりたいことと離れているんじゃないかというのは薄々感じていたが、やりたいことがわからなくても興味があることではないんだなというのを自分の心を通じて再確認した。じゃあ仕事として何をやりたいか、というのは別の記事にするとして

趣味でいいから社会人サークルでもいいので劇団に参加してみたいという欲望は発掘した。

昔高校生の時にクラスで劇を行ってとても楽しかったのを思い出した。

 

自己受容感を高めてくれるRaise You Up/Just Be

この歌は今のままのありのままの自分を受け入れて、好きになっていいんだよ。自分に自信を持って誇りをもとう。そして立ち上がれたなら、新しいことを学んだり、愛を表現したり、次のステップに進んでいこう!

という大変前向きな歌である。

自分自身仕事や体型に悩んでいたので、一旦今の状況を受け入れよう。という気にさせてくれた。

文章だけ見てもただの綺麗事のように感じられてしまうかもしれないが、

何か現状にモヤモヤを抱えているが、動けていないような状態の人にはこういう元気づけがあるだけで何か悪いものをリセット気がする。

 

こういう芸術的なものは触れるだけで感性が磨かれて、あぁ私って一応ちゃんと人間なんだなと再認識させてくれる。

ITはできる人に任せて私も何か人に刺激を与えられるような。もしくは安らぎを与えられるような、芸術的な感性を磨きたい。