toimichi’s diary

思考の整理、のち、趣味

物質世界のお楽しみはウクレレ

まだ5ヶ月と浅いが、ウクレレに魅了されている。 鈴木智貴さん著の教則本が発売されたので、 思い切ってYouTubeチャンネルも作ってみた。 https://youtu.be/i6XnDzlH8AY 5ヶ月初心者だもんな、という温かい目で見て頂きたいm(__)m 旅行に行ったり、美味しい…

2時間以内は近距離

自分の生き方、というと大それた言い方になるが、比較的フットワーク軽く生きているかもしれない。移動時間が2時間以内なら近距離という感覚でいる。 親が転勤族だったので日本全国転々としていたが、一応実家が定まってからも一人で好きに転々と移動してい…

久しぶりにタイトルを読み返す

久しくブログ記事を上げていなかった。 ブログ記事を書くのがなんとなくルーティンワーク化してたのだけれど、どこかの時点でそのルーティンに疲れたから辞めた。するとしばらく書く気がなくなった。 その代わりに始めたのがモーニングノート。 私がやってい…

え、うそ、映画やん

LINEのタイムラインで流れてきた首相官邸のページに書いてある内容 本当かなと思って調べてみたら驚愕の内容が書いてあった、、、。 日本でこのような政策が行われるようになるとは思いもしなかったので びっくりした、、。なんだかんだ大丈夫だろと楽観視し…

幸せベースVS不幸せベース

本日友人と話していて、人生は不幸せベースか幸せベースかという話になった。 友人は不幸せベース派。 私は幸せベース派。 ベースの基準は1週間に抱く負の感情と正の感情のバランスだ。 私は負の感情として、 朝起きる瞬間のもっと寝かせてくれという苦しみ…

小説の書きかた

小説の書きかたという本を読んだ。 児童〜青年向けの小説だろう。 主人公は文芸部所属の高校2年生、賞に応募しようとのことで女子部員3人でリレー形式で小説を書き、明晰な1人の男子部員が編集者役を担当する、青春小説だ。 こちら、最初はそのような小説だ…

柿に飽きた

一個前の記事で寝ても覚めても柿が食べたすぎる、柿に取り憑かれたという話をした。 あの記事の後、27個の柿を食べ続けた。 そうしてようやく柿に飽きた。 後半の5個くらいは 美味しいのはわかるけど別にもう食べたくないなぁ、フルーツこれしかないから食べ…

柿に取り憑かれた

柿が美味しい。柿に取り憑かれてしまった。 柿の味が美味しいことはさることながら、 購入時は未熟のため、少し置いておいて完熟させる、あのもどかしい時間がより柿を好きにさせる。 毎朝起きると柿を少し押してみる。 まだ堅ければ食べてはいけない、我慢…

小説の書きかた

小説の書きかたという本を読んだ。 児童〜青年向けの小説だろう。 主人公は文芸部所属の高校2年生、賞に応募しようとのことで女子部員3人でリレー形式で小説を書き、明晰な1人の男子部員が編集者役を担当する、青春小説だ。 こちら、最初はそのような小説だ…

ジャイアン映画版の理論って自分にも当てはめたら気が楽になった

言わずと知れたジャイアン映画版の理論。 普段はのび太をいじめる横柄で嫌な奴だが、映画では思いやりがあって力強く頼れる男前キャラになるジャイアン。 普段のマイナスイメージからのギャップでジャイアンの好感度は爆上がりのあの理論である。 似たものに…

ドタキャンされた予定をリスケという言葉で再設定するのはなんかズルくない

ということを最近ひしひしと感じており、 ただこのような愚痴っぽい内容を友達に話すのも嫌だったし ブログの内容としてネガティブな話題の中でも愚痴っぽい内容はあまり書きたくないなぁ と思っていたので書かなかった。 があまりにも心の中でイライラして…

記事を書き渋っていた

記事を書き渋る、というほど熱心に更新していたわけでもないが 歯磨きの習慣のように、1日1記事更新しないと気持ち悪く、毎日更新していた時期があった。 己の意地、というところもあったかもしれないが、 数名だが記事を閲覧してくれる人、いいねをつけてく…

FRIENDSに憧れるわけ

FRIENDSやHow I Met Your Motherなどの海外ドラマにハマっていた時期がある。 時期がある、というか今も見れたら何度でも見たいのだが、AmazonPrimeVideoでは見れないし、Netflixは解約しちゃったしで最近は見ていない。 だが、FRIENDSのあの仲良しグループ…

移民で読み解く世界史

「移民で読み解く世界史」という本を読んだ。 歴史が大きく動くタイミングは「移民」 世界史なので古代史から近代史、現代まで移民にフォーカスして解説。 「移民にフォーカス」という言い方をしなくても世界史=移民史なのではないか というくらい、歴史の…

返事をくれる議員さんもいるのだ

今回の総裁選について数十名の議員さんの お問い合わせフォームやメールで連絡したところ、1人の議員さんが返してくれた。 昨日の今日なので即時返信をしてくれる人はいないのではないかと思っていたが、 昨夜のメールに対して今朝返信をくださったので感激…

総裁選も市民が動かせるのか

一体一市民、一有権者の意見がどれくらい政治に反映されるのだろうか。 そもそも政治とは、市民のために行われるべきものである。 ということで、今回の総裁選について、一有権者としての意見メール、連絡を 議員の方に入れさせて頂いた。 返信が返ってくる…

なんだかんだ謳歌

すごーく変な流れになってきて、国際政治的な心配とか、ワクチンの心配とかはあるけれどそれを考えなければ割と人生謳歌している気がする。 ここ最近とても楽しんだからそう感じるのかもしれない。 会社はフルリモート期間だったので夏季休暇も合わせてしば…

うっかりGBA

GBAすなわちゲームボーイアドバンス。 ゲームボーイアドバンスのゲーム ポケットモンスタールビー・サファイアが懐かしくなり、222時間のプレイ記録を削除し、1から始めてしまった。 初期なので、経験値も地道にコツコツ貯めるしかない。 道具を買うときも…

気がついたら数行過ぎてる

母にお勧めされたThe analyst というミステリ小説がある。 かなり面白く一気に読んでしまったらしいので、私も読んでみようと思い昨日から読み始めた。 ところが、英語だとわからない単語もあったりし、100%理解できるわけではない。 そのせいか、文章自体…

悪童日記

アゴタ・クリストフの悪童日記を読んだ。 内容が衝撃的であること、一方極めて読みやすい文体であることからして2日で読んでしまった。 全編がかなり短編で構成されており、5ページくらいで一種のテーマが提示された物語となっている。 題名にある通り悪童(…

苦役列車

西村賢太の苦役列車という本をよんだ。 「苦役列車」、「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」の2編が収録されていたのだが、私小説で主人公が同じ名前だったからか、続きの物語だと思って立て続けに読んでしまった。 最も、私小説の主人公が10代だった頃から40代…

喪失の儀礼

松本清張の本「喪失の儀礼」を読んだ。 面白くて夜だけしか読む暇がなかったものの、3日で読み終えた。 小説というのは最初の数十ページはその世界に興味を持つための グッと堪えなければいけない段階がある気がする。そういう本も多いなと感じる。 ところが…

翻訳アプリ

Handed Translate というロシア製?の翻訳アプリがある。 性能がかなりいい。 もちろん知らない言語の人とやりとりにも確実に使えそうだし、自分の発音が聞き取れる程度のものか確かめるのにもかなり使える。 このアプリで英語を認識されなければ発音レベルが…

チャーガ飲んでみた

チャーガ(カバノアマタケというきのこ)が体にいいと聞き、試しに購入してみた。 抗酸化作用が高く、体にいいそうで。 今また健康ブームというか免疫強化に対して敏感になっている時期なので、それに乗じただけの商品なのかなと割と半信半疑。興味単位での購…

人と本心を共有できること

久しぶりに本心ベースで思っていることを他人と議論、共有することができた。 最近はリモートワークが多く、同僚と雑談する機会もなかったため、仕事における意見の言い合いはできるが、仕事以外に関する話をすることはなかった。 また、体調を壊していた期…

知らない人からの荷物

Amazonから荷物が届いた。 ずしりと重い。2キロはあるだろうか。 ここ最近Amazonで買い物をした覚えもないし、Amazon経由で住所に直接プレゼントを送ってくるような知り合いはいない。 一体何が送られてきたのだろうか。 箱を開封しようとして、ふと送り状に…

おうちエクササイズ

今まで体育の授業でするバレーは大嫌いだったけれど、ここ最近ハイキュー!!のアニメばかり見ていたのでバレーをして体を動かしたいな、と言う気分になった。 かと言って球技全般が苦手な私がいまさら社会人サークルでやっていけるとも思わないので、アニメを…

お布団を冬物にした

昨日までは夏用のひんやりシートだった。 急に寒くなって昨日はひんやりシートの上で羽毛布団にくるまっていた。 どちらも性能が良く、お腹はあったかく、背中は寒いと言う変な状況であった。 もう暖かい季節はしばらく戻ってこないのかな、と思って思い切っ…

本当に試合を見ているくらい手に汗握る

昨日の夜からハイキュー‼︎というアニメを見始めた。 昔本棚に漫画があったこともあったのだが、私が読む前に撤去されてしまっていたので機会を逃していた。 会社の先輩に漫画と変わりなく面白いということでアニメをお勧めされたので見始めたわけだ。 タイト…

風邪が教えてくれたこと

とてもわがままな話だし、治ったからこそ言える話だけれど、この感情を綴っておきたい。 風邪をひいている時の自分のことしか考えられない感じ、自分の体第一となっている感じ、が好きかもしれない。 もちろん風邪をひいている期間はずっとだるくてしんどい…